断熱材の費用を抑えた家は寒い!

2019年12月12日
男性と握手している不動産スタッフ

建売住宅を購入する場合でも注文住宅であっても、断熱材がどれだけ使ってあるかによって価格は大きく変わってくるといっても大袈裟ではないことをご存知でしょうか。そもそも住宅は土台と屋根と柱と壁があれば、雨風を防ぐにはほとんど事足りるものです。しかし夏の暑さや冬の寒さを凌ぐにはそれだけでは難しく、住宅が持つ断熱性が大きくものをいうのです。

四季があるこの国において夏と冬の気温差には著しいものがありますが、室内にいて快適な生活を送るには壁や屋根から受ける温度差を一定にする必要があります。そして住宅の断熱性能を優れたものにする素材こそ、断熱材だというわけなのです。断熱材にはいくつかの種類がありますが、その厚みや素材によって室内外の温度差は歴然と違ったものになります。ところが一方で住宅の外観に関わるものではないからこそ、住宅建築の際の費用を外観に影響なく削るために利用されるのも断熱材なのです。

さて断熱性を考えて断熱材をたっぷりと使った住宅は、冬でも寒いことはありません。ところが費用を削るために使わなかった住宅は、一見使った住宅と同じように建てたとしても寒いので住めたものではないのです。しかも室内外の温度差が激しいところへさらされて、住宅の寿命が短くなったり、劣化が早いうちに来るといった可能性の否定出来ません。つまり最初に費用を削ったために、せっかく一生に一度の大きな買い物をしたのに住まいの寿命が早い段階で尽きてしまうのです。

そのうえ最近では冬の寒さもさることながら、夏の暑さもますます厳しい時代となってきています。近年熱中症で住宅の中にいても具合の悪くなる方増えているのは、多くの方がよくご存知のことでしょう。そんな中断熱材の費用を削ることなく十分に使った住宅は、夏に室内の気温が急激に上がることも抑えてくれるのです。このように考えると室内が外界の気温の変化に左右されることなく、いつも住まいの中が一定の過ごしやすい環境にあることは重要なことです。

そこでマイホームを建てるときには目に見えない場所にこそ住まいの機能を十分に発揮させるために、費用をたっぷりと使うことが大切なことだという認識も必要です。それによって一生快適な生活を送ることが出来る良いマイホームを手に入れ、そこに家族で住み続ける毎日が楽しいという生活も手にすることになるのです。なお断熱材を後から住まいに追加するのはかえって費用が掛かるので、最初に工事をおこなったほうが良いと覚えておいてはいかがでしょうか。

関連記事
隣家との距離はしっかり考えよう

一生に一度の大きな買い物であるマイホームの購入を検討するとき、お隣との距離なども重要な要素となることは多くの方がご存知のことではないでしょうか。しかし実際は立地条件が良いところは地価も高額となるため、それほど隣家との距離を作れるかというと難しいものです。自分の家の窓を開けると隣家の窓がそこにあって視

2020年01月20日
一戸建てを買っても将来子供が住むとは限らない

一戸建てのマイホームを購入する時期は個人によってさまざまだと考えられますが、一般的には家族が増えたり、これから増えようとしているときではないでしょうか。そこで一般的には家族計画によって家族の将来的な人数を決めて、その人数でずっと長く暮らすと考えていることが多いと思われます。だから両親と子供ふたりの4

2019年12月31日
一戸建ては新築に拘る必要はない?

実は多くの方が一戸建ての不動産を購入する場合に、マイホームは新築物件だと拘りを持つ傾向にあることをご存知でしょうか。確かに新しくて誰も使ったことがないもので、最初に自分が使う場合には実際気持ちの良いものだといえます。けれども実際に現在の新築一戸建ての住宅は、購入価格が高いだけではなくて利便性を考える

2019年11月23日
立地条件を考える時にポイントは生活の利便性

マイホームを持つ夢を実現するうえで大いに大切なことのひとつに、生活の利便性を立地条件の重要なポイントに置くことがあるのではないでしょうか。そもそも家に住むということは、人間がその場を拠点として日常の生活を滞りなく毎日遅れることが重要な要件となります。ですからスーパーなどが近くにあって買い物に不自由し

2019年11月04日
マイホームの不安はハウスメーカーに相談!

マイホームが欲しい方のすることはいくつか考えられますが、新築の注文住宅を念頭に置いた場合には最初にハウスメーカーに相談するのではないでしょうか。住宅展示場などに足を運んで内覧し、その中で気に入った複数社に希望条件を伝えることで最終的には見積もりをしてもらうわけです。また最近はインターネットの情報も重

2019年10月24日